スポーツ選手

玉井陸斗のコーチは馬淵崇英(すうえい)!実は瀬戸大也の嫁の父親!

玉井陸斗選手は水泳飛び込みの東京オリンピック代表に内定されています。

史上最年少の12歳で日本一となり水泳飛び込み界のエース選手となられました。

その玉井選手のコーチは馬淵崇英さん。

実は競泳瀬戸大也選手の奥さんの父親なのだとか。

そんな馬淵コーチ、一体どんな方なのでしょうか?

玉井陸斗の筋肉|でかい体とバキバキな腹筋を手に入れた方法が凄い!飛び込み競技選手の玉井陸斗(たまいりくと)選手。 2021年現在はまだ中学生ですが、東京オリンピック金メダル候補No.1の実力の持...
玉井陸斗wikiプロフィール!成績(経歴)や出身中学校など総まとめ!東京オリンピック高飛び込み代表に出場内定の玉井陸斗選手。 14歳で東京オリンピックに内定され、高飛び込み競技界の超新星ともいわれて...
【画像】玉井陸斗の親(父・母)の職業は?兄弟や家族構成もまとめ!東京オリンピック高飛び込み代表に内定している玉井陸斗選手。 ご両親がどのような方なのか気になりますね。 また、玉井選手に兄弟...


玉井陸斗のコーチは馬淵崇英(すうえい)!

https://www.kobe-np.co.jp

玉井陸斗選手は高飛び込みの選手で、2019年全日本選手権で史上最年少となる中学1年生で優勝し、東京オリンピックでのメダルが期待されています。

その玉井選手を指導しているのが馬淵崇英コーチです。

馬淵さんは30年前に日本に来日して以来、オリンピック選手を長年育成してきました。

馬淵崇英コーチのプロフィール

https://2020.yahoo.co.jp
名前 馬淵崇英(まぶち すうえい)
生年月日 1963年10月20日
年齢 57歳(2021年6月現在)
出生地 中国
学歴 神戸国際大学

馬淵さんは水泳飛び込みが国技の中国で生まれました。旧名は蘇薇(スー・ウェイ)さんです。

元々、飛び込みの選手であり、現役を引退した後に中国で飛び込みのコーチをされていたそうです。

1988年に語学留学のために日本へ来日すると、飛び込みの名選手である馬淵かの子選手からJSS宝塚スイミングスクールのコーチを依頼されたそうですよ。

そこで出会った寺内健選手を指導されました。

画像引用:https://www.sankei.com

寺内選手は15歳で初めてオリンピックに出場した後、シドニー、アテネ、北京、リオと4大会にわたりオリンピックに出場され、飛び込み競技を日本に広められました。

41歳となる2021年東京オリンピックにも出場されます。5大会連続でオリンピックに出場されるのは並み大抵のことではないですね…!

そんな寺内選手のコーチ崇英さんは1998年に日本に帰化。「馬淵」という姓は、馬淵かの子選手から授かったものだそうです。

10年間で日本に帰化されているということは、それだけ日本飛び込み界での功績が大きかったということではないでしょうか。

また、飛び込み日本代表ヘッドコーチを務められ、現在もJSS宝塚スイミングスクールで指導に当たられています。

馬淵崇英の娘は瀬戸大也の嫁

娘さんもいらっしゃいます。馬淵崇英さんの娘は、馬淵優佳さんです。

https://gendai.ismedia.jp

馬淵優佳さんは元飛び込み選手で、幼い頃から崇英さんの影響で3歳から飛び込み競技を始められました。

父の崇英さんの指導が厳しく、何度もやめたいと思っても辞めさせてもらえなかったのだとか。かなり熱血タイプな指導のようです。

それでも、20年間飛び込みを続けてきたからこそ得られた過程などに大きな意味を見出されたのだとか。続けられること自体凄いですよね。

2011年世界選手権に出場し、日本学生選手権を2連覇されました。

そして2017年に競泳の瀬戸大也選手と結婚し、現役を引退されています。

画像引用:https://jisin.jp/sport/1925581

瀬戸大也選手からすると、馬淵崇英さんは義父ということになりますね。

馬淵崇英さん、馬淵優佳さん。瀬戸大也さんは水泳を通して繋がられた家族ですね。

玉井陸斗と馬淵崇英コーチの練習トレーニング法

https://www.sponichi.co.jp

高飛び込み競技は空中でのダイナミックな回転技だけでなく、ノースプラッシュと呼ばれる水しぶきを上げない繊細な入水姿勢も重要となるそうです。

演技で10点満点に迫るには、回転ができるだけではだめで、姿勢の美しさが大事です。とくに足。足が開いて離れると減点要素になります。国際大会では、映像をスロー再生して採点が行われるため、審判が細部までチェックするんですが、足先がきれいに揃っている選手は加点要素になります。

引用:NHK

玉井選手はその空中での正しい姿勢を、陸上でスパッティングと呼ばれるロープを用いた宙づり練習を1日4時間半行い、細かいフォームを修正されています。

みっちりと正確な型を体に覚え込ませ、地道な練習を積上げられているんですね。

その後、飛び込み板からの入水練習で実践練習をされるそうです。

陸斗は、ジャンプと回転力、そのスピード、空中感覚、すべて次元が違う選手です。それでも、オリンピックでは、難易度の高い技と姿勢の美しさの両方を完璧にやらないとメダルはとれません。それだけハードルは高いですが、陸斗はそれができる選手です。細かいところでミスをしないように注意して10点満点のダイブを目指しています。やる以上はメダルをめざす、自分のコーチ人生のすべてをかけて挑みたいと思っています。

引用:NHK

玉井選手はすでに中学生で、「前宙返り4回半抱え型」などの高難度の技を精度を高く決められるそうです。高飛び込みの才能があるのでしょうね。

玉井選手が東京オリンピックで活躍されることに期待ですね!

まとめ

記事の内容をまとめると以下の通りです。

  • 馬淵崇英さんは中国生まれで、1988年に日本に来日し、1998年に日本に帰化した
  • 娘の馬淵優佳さんは競泳瀬戸大也選手の奥さん
  • 玉井陸斗選手はスパッティングと呼ばれる宙づり練習で技の正確さを磨いている

今回の内容が参考になれば幸いです。ご覧くださりありがとうございました。

玉井陸斗の筋肉|でかい体とバキバキな腹筋を手に入れた方法が凄い!飛び込み競技選手の玉井陸斗(たまいりくと)選手。 2021年現在はまだ中学生ですが、東京オリンピック金メダル候補No.1の実力の持...
【画像】玉井陸斗の親(父・母)の職業は?兄弟や家族構成もまとめ!東京オリンピック高飛び込み代表に内定している玉井陸斗選手。 ご両親がどのような方なのか気になりますね。 また、玉井選手に兄弟...
玉井陸斗wikiプロフィール!成績(経歴)や出身中学校など総まとめ!東京オリンピック高飛び込み代表に出場内定の玉井陸斗選手。 14歳で東京オリンピックに内定され、高飛び込み競技界の超新星ともいわれて...