スポーツ選手

佐藤翔馬wikiプロフ!大学は慶應の商学部!高校や経歴も調査!

2020年東京オリンピックの競泳の日本代表に選ばれた佐藤翔馬(さとうしょうま)選手。

佐藤翔馬選手は200m平泳ぎ日本記録保持者でもあり、男子平泳ぎで五輪2大会連続2冠の北島康介の後継者といわれる天才スイマーです。

今回はそんな期待の新星、佐藤翔馬選手のプロフィールや学歴など調査しました。

【画像】佐藤翔馬の父は医者佐藤新平!病院はどこで実家はお金持ち?2020年東京オリンピックの競泳日本代表に選ばれた佐藤翔馬(さとうしょうま)選手は200m平泳ぎ日本記録保持者です。 佐藤翔馬さん...
【画像】佐藤翔馬と瀬戸大也が似てる!そっくりすぎて判別不可能www水泳の佐藤翔馬選手と瀬戸大也選手。 2人とも東京オリンピックに出場予定で注目されていますが、ある別の観点からも注目されています。 ...


佐藤翔馬wikiプロフィール!

佐藤翔馬画像引用:BBM Sports
  • 名前:佐藤翔馬(さとうしょうま)
  • 生年月日:2001年2月8日
  • 出身地:東京都港区
  • 身長:177㎝
  • 体重:74㎏
  • 種目:水泳
  • 泳法:平泳ぎ
  • 所属:東京スイミングセンター、慶應義塾大学

佐藤翔馬選手は、生後6ヶ月の頃からベビースイミングに通っていました。

理由は父親の趣味のヨットに乗った際に、溺れないために始めたとのことです。

通っていたスイミングスクールは元オリンピック日本代表の長崎宏子さんが主催する『ベビーアクアティクス』という親子で楽しめるスイミングスクールです。

そして小学校3年生の時に北島康介さんも通っていた『東京スイミングセンター』で水泳の腕を磨いてきました。

そんな佐藤翔馬選手の経歴がこちら!

2019年9月 日本学生選手権の200m平泳ぎで2分9秒91の世界ジュニア新記録を樹立。

2020年1月 北島康介杯で、元世界記録保持者渡辺一平を破り、2分7秒58という好記録で優勝。

2020年10月 日本学生選手権で、2分7秒02の大会新記録で2連覇を達成。

2020年12月 日本選手権で、100m平泳ぎで優勝し、200m平泳ぎでは渡辺一平に次ぐ2位となった。

2021年1月 北島康介杯で、2分6秒78で優勝。

2021年2月 ジャパンオープンで、2分06秒74でさらにベストを更新した。

2021年4月4日 第97回日本選手権水泳競技大会の100m平泳ぎでメドレーリレーの派遣標準記録を突破して優勝。《東京オリンピック競泳日本代表に内定。》

2021年4月7日 200m平泳ぎで、世界歴代2位となる2分6秒40の日本新記録で優勝。《個人種目でもオリンピックに内定。》

これを見るだけでも、どれだけすごい選手なのかが分かり『北島康介の後継者』と言われる理由がわかりますね。

では次に佐藤翔馬さんの学歴を見ていきましょう。

佐藤翔馬は慶應大学商学部!

佐藤翔馬画像引用:GOETHE

佐藤翔馬選手は現在慶應大学の商学部に通っています。

佐藤選手は祖父、父と代々続く医者家系で育ちましたが、高校2年生までは自身も医者になることを考えていたそうです。

ですが、高校3年生の時にジュニアパンパシフィック選手権の代表に選ばれた佐藤選手は、医学部に進むのを辞め、水泳への道一本に絞り込み『慶應義塾大学 商学部』に進路を決めました。

水泳一本に絞って決断したのも凄いですし、実際にそれ以降も結果を出しているところが素晴らしいですね!

佐藤翔馬の高校中学の経歴も!

佐藤翔馬 東京SC画像引用:東京スイミングセンター

佐藤翔馬選手の小学校〜高校までも見ていきましょう。

実は佐藤選手、小学校の頃から慶應に通っていました。

小学校:慶應義塾幼稚舎

中学校:慶應義塾普通部

高校:慶應義塾高等学校

生粋の慶應ボーイですね。

慶應の受験は子どもの特技や能力を活かした受験方法なので、佐藤選手は0歳から始めた水泳で受験したのではないでしょうか。

そして小学3年生からたくさんのオリンピック選手を送り出した『東京スイミングセンター』で水泳の腕を上げていきました。

水泳のほかにも野球、体操、サッカー、陸上、ピアノも弾いていたそうです!

そして中学校で野球と水泳に絞ったそうで、最終的に水泳を取ったんだとか。

中学校から東京スイミングセンターが遠かった事もあり、中学生の頃は練習時間が限られていて、全国大会を目指すクラスの下のクラスで基礎をじっくり練習していたそうです。

そして高校3年生で代表に選ばれ、競泳平泳ぎで勝負しようと決断したわけです。

なぜ、佐藤選手が平泳ぎに決めたかと言うと「一番楽だから」とのことです。

小学校3年生の時くらいですかね。気づいたら(平泳ぎ)専門になっていた感じですが、僕としてはちょっと不純な動機もありまして……。

平泳ぎがいちばん楽な泳法だったんです(笑)。

(引用:SEIKO)

子どもらしい考えですが、それを極めた結果『200m平泳ぎ日本記録保持者』になったのですから本当にすごい事ですよね。

まとめ

今回は北島康介の後継者と言われ、東京オリンピックでも大注目されている、佐藤翔馬選手について調べてみました。

小学生から慶應に通っていることも凄いですが、0歳から水泳をしていた事がまた驚きでした。

0歳から慣れ親しんできた水泳で、今回の東京オリンピックでもいい成績を残してもらいたいですね。

【画像】佐藤翔馬の父は医者佐藤新平!病院はどこで実家はお金持ち?2020年東京オリンピックの競泳日本代表に選ばれた佐藤翔馬(さとうしょうま)選手は200m平泳ぎ日本記録保持者です。 佐藤翔馬さん...
【画像】佐藤翔馬と瀬戸大也が似てる!そっくりすぎて判別不可能www水泳の佐藤翔馬選手と瀬戸大也選手。 2人とも東京オリンピックに出場予定で注目されていますが、ある別の観点からも注目されています。 ...