お笑い芸人

明石家さんまの息子・二千翔(にちか)wiki!学歴&職業を全まとめ!

お笑い怪獣と呼ばれ、今でも多くの冠番組を持つお笑いタレントの明石家さんまさん。

60歳を過ぎても、若手に負けず活躍していますね。

そんなさんまさんにはIMALUさんの他に、もう1人子供がいます。

さんまさんの息子はどのような人物なのでしょうか。

二千翔さんのプロフィールについて調べてみました。

また、学歴や職業も紹介します。

スポンサーリンク

明石家さんまの息子・二千翔(にちか)wikiプロフ!

明石家さんまの息子

明石家さんまさんの息子・二千翔さんのプロフィールがこちら。

  • 名前:大竹二千翔(おおたけにちか)
  • 生年月日:1985年
  • 年齢:37歳(2022年現在)
  • 出身地:東京都

『二千翔』という名前は「2000年を駆け抜けるように」という意味が込められているそうです。

1985年生まれなのは分かっていますが、誕生日は不明となっています。

そんな二千翔さんは、大竹しのぶさんと前の夫・服部晴治さんの間に生まれた息子で、さんまさんと血は繋がっていません。

さんまさんと大竹さんの間にはIMALUさんがいますが、さんまさんは子供2人を平等に可愛がり、愛情を持って育てたといいます。

というのも、さんまさんの両親も再婚しており、継母に気に入ってもらおうと努力していたそうです。

その経験があったので、実子と差別せずに育てていたとのこと。

ちなみにさんまさんは、遺産について「娘と息子には残す」そうで、あと残ったものは寄付すると話していました。

さんまさんは二千翔さんのこともIMALUさんのことも溺愛しているのですね。

二千翔さんもさんまさんについて、

僕が小さい頃からずっと一緒にいてくれて、育ててくれたので、本当の父親だと思います。

自慢のお父さんじゃないですけど…ずっと一緒にいてくれる人。

引用:grape

と話し、

考え方とか、人に対する態度とか、生きざまの部分は見習わせてもらっていて、僕の資産になっています。

「自分の身体が動くうちは人を楽しませ続けたい」という想いがあると思います。

本人的には、このまま燃え尽きて死んでしまってもいいと思っているかもしれないですけど、家族としては長生きしてずっとそばにいてほしいですけどね。

今まで出会った人間の中で、人間的に一番かっこいい。素晴らしいと思っていて、尊敬しています。最高の父親ですね。

引用:grape

と語っていました。

明石家さんまの息子画像引用:https://www.asahi.com/

また、二千翔さんはあまりモテないそうで、高校の時から母親や妹に「ダサい」「センスがない」などと言われていたそうです。

心配したさんまさんが友人の木村拓哉さんから私服を貰って、二千翔さんに渡したといいます。

そんな二千翔さんの趣味はカラオケと読書で、人と話すのが好きとのこと。

さんまさんと同じく、社交的な性格なのかもしれませんね。

さらに、ゲームもしているそうで、二宮和也さんともゲームで交流したことがあるそうです。

「休日は家から一歩も出ず、ゲーム三昧の二宮。午前から翌日の朝まで平均3台の電源をオン、深夜は世界のゲーマーたちと交流しているそうです。そんなある夜、“二千翔”というハンドルネームで参入してきた人がいた。二宮にとっては、初のお相手。後日、そのプレイヤーの本名が大竹二千翔、つまり大竹さんの長男であることがわかったんです」

引用:アサジョ

二宮さんは大竹さんと共演経験があって交流もあるので、偶然にしては凄いエピソードですね。

スポンサーリンク

明石家さんまの息子・二千翔の学歴

明石家さんまさんの息子・二千翔さんの学歴を調査しました。

出身大学は慶応義塾大学!

明石家さんまさんの息子・二千翔さんは慶応義塾大学を卒業しているとのこと。

二千翔さんのTwitterアカウントに「慶応義塾大学卒業」と掲載されていました。

明石家さんまの息子画像引用:Twitter

学部は経済学部なのだそうです。

優秀であることが分かりますね。

出身高校は慶應義塾高校!

明石家さんまさんの息子・二千翔さんは、慶応義塾高校に進学したと言われています。

この高校は偏差値76で、政治家や有名企業の社長を輩出している名門です。

二千翔さんは、慶応義塾高校以外にも早稲田大学高等学院や青山学院高等部に合格していたとのこと。

中学生の時から優秀だったようですね。

小学校や中学校についての情報は少なかったのですが、中学校は公立だったようです。

二千翔さんの学生時代のエピソードとして、高校と大学卒業旅行にさんまさんがついて来たという話があります。

明石家さんまの息子

さんまさんが来て、二千翔さんの友人はたいへん喜んだそうです。

旅行中、ずっと話しを回し続けていたとのこと。

さんまさんらしいエピソードですね。

また、さんまさんは卒業旅行だけでなく運動会や授業参観などの学校行事にも参加していたといいます。

仕事で多忙だったでしょうが、父親として行事には参加していたのですね。

スポンサーリンク

明石家さんまの息子・二千翔の職業

明石家さんまさんの息子・二千翔さんの職業を調べてみました。

一年半はアメリカで仕事

明石家さんまの息子画像引用:https://love-is-blue.com/

明石家さんまさんの息子二千翔さんは大学を卒業して、アメリカで仕事を開始しました。

しかし、「飽きた」という理由で1年半で仕事を辞めたとのこと。

二千翔さんがどのような企業に就職したかは分かりませんでした。

後にメディア関係の仕事をしているので、IT関連の企業に就職していたのではないかという噂があります。

事実は分かりませんが、大学を卒業して外国で就労するなんて優秀なのですね。

スポンサーリンク

帰国後は「有限会社エスター」のスタッフ

明石家さんまさんの息子・二千翔さんは、芸能事務所・エスターで大竹しのぶさんとIMALUさんのマネージャーをしていたといいます。

仕事を1年半で辞め、二千翔さんは日本に帰国。

そして、母親と妹のマネージャーをしていたとのこと。

家族がマネージャーだと安心するのでしょうね。

現在はマッチングサイト「Narrow」の運営

明石家さんまさんの息子・二千翔さんはジェミー株式会社に所属して、「narrow」というサイトの運営をしています。

現在はWEBサイトの制作や企画、運営をしているそうです。

「narrow」とはジェミー株式会社が運営する芸能オーディションのサイトで、芸能事務所・企業と芸能活動をしたい人をマッチングするとのこと。

明石家さんまの息子画像引用:https://narrow.jp/

会員数は10万人を超え、登録している芸能事務所は2400社に上るといいます。

オーディションの情報などにかかる掲載費を収益としているそうで、小さいオーディションだと3~10万円、大きなイベントになると300万円ほどの収益があるそうです。

怪しい会社のオーディション情報は掲載していないそうなので、芸能界を目指す人が安心して登録できるサイトのようですね。

また、二千翔さんは「オーディションというのがビジネスになっている」と話しています。

若い世代はオーディションをお祭りやイベントのような感覚で捉え、その過程を楽しむのだそうです。

ちなみに、「narrow」についてさんまさんは知っているのか二千翔さんに訊いてみたところ、

「マッチングサイトってことは知っているけど、多分何も理解していない。出会い系だと思ってる」

引用:テレ東プラス

とのこと。

出会い系と勘違いしているというのは面白いですね。

スポンサーリンク

まとめ|明石家さんまの息子・二千翔(にちか)wiki!学歴&職業を全まとめ!

明石家さんまの息子画像引用:https://tokyometallic.com/

明石家さんまさんの息子・二千翔さんのプロフィールや学歴、職業をまとめました。

簡単なまとめがこちらです。

  • 1985年生まれ
  • 慶応義塾高校、慶応義塾大学卒業
  • アメリカの会社に就職したり、芸能マネージャーをしていた
  • 「narrow」の取締役をしている

今後も明石家さんまさんと二千翔さんの活躍に注目ですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!



error: Content is protected !!